免許があればこんな仕事も!運転免許で給料アップ?

給料アップも期待できる運転免許とは?

必要に応じて取得しておきたい免許とは?

運転免許の他に持っておきたい資格

配送業で収入を得たいというのなら、大型トラックも運転することができる大型免許を取得するといいでしょう。
中型と大型のトラックドライバーの基本給を比べてみると4~5万円の違いがあるといいますから、その他の手当もあわせて10万円ほどの差が出てくると言われています。

さらに、けん引免許はトレーラーなど運転席と荷台部分が分かれている車両に乗るための免許のことをいうのですが、これがあれば運転できる自動車の種類が増えるので給料アップも期待できます。
「けん引」というのは「何かを引っ張る」という意味があるのですが、故障して自走できないような車両をつないで引っ張っていく場合には免許が必要になることはありません。

また、大型特殊免許を取得しただけでは道路上を運転することしかできませんが、作業免許もあれば現場で作業することが可能となりますので会社での評価が上がり給料アップが期待できるかもしれません。

長く続けられる仕事

大型免許とけん引免許を持っていれば、タンクローリーも運転することができます。
タンクローリーは燃料などの各種危険物を運搬する自動車であり1台につき1人の危険物取扱者が必要になるため、ドライバーは「乙種第4類危険物取扱者」という資格を取得しておくべきなのです。
運送会社の中には危険物取扱者の資格に対しての手当が付かない会社もあるようですが、タンクローリーのドライバーの基本給は他よりも高いと言われています。

運搬するものが危険物であることからドライバーは運転だけを担当すればいいということで、体力的な負担が少ないということも長く続けられる理由でしょう。
さらに勤務前の深酒を控えるようになったり、火気厳禁の仕事ということでタバコをやめるきっかけになるかもしれないという健康面でのメリットもありそうです。


このコラムをシェアする